よくある質問

皆様から寄せられる質問と回答のページです。
疑問・質問等お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご質問内容を下記のスペースに書き込みしてお送り下さい。
後日このページ内でお応えいたします。

Q01.商工会の会員になるには、どうしたらよいですか?
A01
商工会の事務局へ出向いて頂き、加入申込書に記入の上ご提出下さい。理事会にて加入承諾ののち通知します。
加入申込書は商工会紹介ページから印刷できます。
Q02.会員にメリットは?また会費はいくらですか?
A02
・商工会の推薦で無担保、無保証人の融資が受けられます。(商工会の経営指導員にご相談下さい。)
・事業主、従業員の教育のための講演会、講習会等が受けられます。
・全国の商工会を通じて業者紹介が受けられます。
・事業主や、従業員を対象とした各種共済制度に加入できます。
・会員の意見や提案が部会、委員会を通じて商工会の意見として反映されます。
・商工会の会費は、経費として損金計上ができます。

個人の年会費は6,600円から37,200円まで
法人の年会費は12,600円から43,200円まで
いずれも従業員数に応じて賦課額を決定しています。
ちなみに、平成19年度の平均会費実績(個人法人を区別せず)では、12,089円(年額)となっています。

※平成21年4月の商工会合併により会費賦課基準が変更になります。
※商工会は「経営改善普及事業」を行っています。「経営改善普及事業」とは、小規模事業者の経営や技術の改善発達を図るための事業で、経済産業大臣や都道 府県の定める資格を持つ経営指導員などが、金融・税務・経営・労務などの相談や指導に従事するとともに、商店街の近代化やむらおこし事業など、地域の活性 化のために様々な取組みを行っています。この事業には、国と都道府県の補助金が交付されており、秘密厳守、原則無料にて相談指導にあたっていますので、安 心してご相談下さい。
Q03.三ヶ日町外で事業をしているのですが、会員になれますか?
A03
商工会の趣旨に賛同いただける方は、特別会員になることが出来ます。
加入手続き、会費の賦課額その他について会員規定が準用されます。
Q04.帳面処理等の経理に不安があります。相談に乗っていただけますか?
A04
 商工会ではパソコンによる記帳処理を指導しています。また、手書きによる帳面の処理も指導しています。
商工会の記帳代行業務をご利用下さい。(別途、手数料が掛かります。)
さらに、商工会では、顧問税理士による無料税務相談に応じています。
Q05.このサイトに広告掲載したいのですが、どうすればよいですか?
A05
商工会事務局(053-524-1121)にご相談下さい。ただし、会員以外の方は掲載できません。
Q06.三ヶ日町内で独立開業を考えています。開業についての相談にのっていただけますか?
A06
商工会の経営指導員がご相談に応じます。
事業計画書の立て方、資金調達の方法、官公署(市役所、税務署等)への届出、経理方法、労務などなど。
Q07.ビジネスパートナーを探しています。目的にあった方を紹介していただけますか?
A07
商工会の経営指導員にご相談下さい。
Q08.会員では無いのですが、出席したい講習会があります。出ることは可能ですか?
A08
お気軽にご参加下さい。
Q09.商工会議所とは何が違うのですが?
A09
商工会は、法律(商工会法)に基づいて、主に町村部に設立された公的団体で、全国に約2,000の商工会があります。
また、各都道府県には商工会連合会があり、広域的なテーマや専門的なテーマについて、みなさんを支援いたします。
なお、市部には主に商工会議所が設立されており、商工会と同様の活動を行っていますが、組織運営面などで異なる面もあります。 詳しくは全国商工会連合会ホームページをご覧下さい。
Q10.定年退職した者です。セカンドライフの為、なにか事業を始めようと思います。入会に年齢制限はありませんか?
A10
年齢制限はありません。お気軽にご相談下さい。